/

この記事は会員限定です

ソニーなど18社、DX・脱炭素1000億円ファンドに参画

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ソニーグループやスズキなどがデジタルトランスフォーメーション(DX)や脱炭素に関わる技術を持つ新興企業への投資に乗り出す。ベンチャーキャピタル(VC)のWiL(ウィル、米カリフォルニア州)が6月に立ち上げる最大1000億円規模のファンドに参画し、国内外の企業を発掘する。大企業と特異な技術を持つ新興企業が組み、社会課題を解決する仕組みが動き出す。

ほかにみずほ銀行、江崎グリコ大阪ガス、大和証券グループなど5月末時点で18社が出資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り818文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン