/

この記事は会員限定です

PwCあらた、ブロックチェーンの信頼性に「お墨付き」

[有料会員限定]

PwCあらた監査法人は、企業が使うブロックチェーン(分散型台帳)の信頼性をチェックするサービスを始める。ブロックチェーンは仕組みが複雑で、セキュリティーへの不安などから導入に二の足を踏む企業が少なくない。データへのアクセスや使われ方などでブラックボックスになりがちな領域に、監査法人が「お墨付き」を与えて幅広い活用を促す。

サービスの提供に向け、専門人材などで構成する約60人のチームをつくった。シス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン