/

この記事は会員限定です

旭化成次期社長・工藤幸四郎氏、祖業出身の「改革派」

けいざいじん

[有料会員限定]

創業100年を迎えるなか、祖業の繊維畑のトップが誕生する。繊維部門は中韓勢との競争激化など時代の変化に合わせ構造を変えながら、生き残りを図ってきた。「今の旭化成も変革力が問われている」。自らのキャリアと重ね合わせた言葉に力がこもる。

旭化成の発祥地、宮崎県延岡市に生まれた。持ち前の明るさと行動力を生かし、子供の頃は野球部、高校と大学はハンドボール部の主将を務めた。就職活動ではほかの大手企業からも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン