/

JERA、米国の火力発電で水素混焼 22年に最大40%

東京電力ホールディングス中部電力が共同出資するJERAは28日、米国にあるガス火力発電所で2022年に水素を天然ガスに混ぜる取り組みを始めると発表した。同社が出資する事業会社が米石油精製大手から水素を含むガスを引き取る契約を結んだ。最大で40%まで水素を混焼できるようにガスタービンを改造工事する。

JERAは米国現地法人を通じてニュージャージー州のリンデン市にあるガス火力発電所を手掛ける事業会社に50%を出資している。この事業会社が米石油精製大手のフィリップス66の精製所から水素を含むガスを引き取り、隣接するリンデンガス火力発電所の6号機で燃料として使う。最大で6号機からの二酸化炭素(CO2)排出量の1割を削減できる見込みだ。

水素はサプライチェーン(供給網)に課題があり、日本での混焼には実現に長い時間がかかるとされる。JERAは水素を利用しやすい米国で優先的に取り組み、日本での混焼に必要な技術やノウハウを蓄積したい考えだ。JERAは50年時点で国内外の事業活動で出されるCO2の実質ゼロを目指しており、国内ではアンモニアを石炭火力発電所の燃料に混ぜる取り組みを進めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン