/

この記事は会員限定です

旭化成建材、ALCパネル値上げ 原料のセメント上昇で

[有料会員限定]

旭化成子会社の旭化成建材は、建物の壁や床に使う軽量気泡コンクリート(ALC)パネルの価格を10月出荷分から15%引き上げる。原料の鉄やセメント、輸送費の上昇分を転嫁する。

厚物の「へーベル」や薄物の「へーベルライト」が対象。2021年に22年1月出荷分から4~10%の値上げを表明し、ほぼ満額が浸透した。しかし原燃料価格がさらに上昇したため、再び値上げする。A...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン