/

NTT、調達網の人権監査 22年度から

NTTは自社グループの調達網について、強制労働などの人権侵害がないかを確認する監査を2022年度から始める。まず国内外の約130社の大口調達先を中心に、年間40~50社について直接確認する。対応に不備があれば是正を求め、応じない場合は取引停止を検討する。

NTTは約4万社ある取引先のうち、富士通NEC、米アップルなど約130社の大口調達先からの購入が9割を占める。まず大口調達先を中心に、NTTの担当者が虐待や差別の有無、安全管理の状況について直接確認をする。今後、調達網全体の人権侵害についても確認を進める。

これまでは、国内企業や海外企業の日本支社を中心に、年に一度、労働環境についてアンケート調査をしていた。NTTは世界的な人権意識の高まりを受けて、11月に人権方針を定めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン