/

コロナ後の「意図の伝え方」

SmartTimes PwCコンサルティングパートナー 野口功一氏

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞日経産業新聞 Smart Times

コロナ禍も去年の今頃は「来年は普通の生活に戻っているのだろうか」と思いを馳せていたが、今も状況は良くなったり悪くなったりと刻々と変化している。当初は「コロナ前の生活に戻る」とか「アフターコロナ」などと言われていたが、昨年からは「ウィズコロナ」もしくは「コロナ前には戻れない」とも言われる。

企業ではリモートワークやオフィスのあり方を含め、コロナ禍をきっかけとして生まれたり、定着したりしているものもある。そして人との接し方も変わり、今後もそれは続くだろう。社会生活で流れているヒト、モノ、カネの中でもっとも動きを止められてしまったのがヒトである。従来の経済危機や戦争などでは3つとも満遍なく動きが鈍くなる傾向があったが、今回は他の2つはかろうじて動いているが、ヒトだけが完全に動けなくなってしまっている状態だ。

そうなると、会社や学校、友人関係、家族関係など、社会的コミュニティから疎遠になっていく。職場や学校で人と実際に接する機会がないため、孤独や不安を感じ、精神的に参ってしまうというケースもあると聞く。入社、入学しても一度も実際に人と会えないとなると、そのコミュニティへの帰属意識も芽生えにくいであろうし、孤独感もあるだろう。このようにヒトが動けない状態の中でのコミュニケーションはコロナ禍が落ち着けば徐々に以前のような形に戻るかもしれないが、それでもコミュニティのあり方やコミュニケーションの形は今の状態の影響が残るのではないだろうか。

例えば、リモートワークは一時的なものでなく主流になり、必要な時だけリアルで対面するという形かもしれない。そして、会議のあり方、会話の仕方、働き方の中でも特に「意図の伝え方」が重要となるだろう。人間の意図は言語によって伝えられるケースがほとんどであるが、リアルに人と接しないとなると、メールやチャットなど二次元の世界での言語表現が多くなる。そうなると、言葉で物事を正確にわかりやすく伝える文章作成スキルが必要となる。さらに、絵や映像などビジュアルで伝える能力も必要かもしれない。特に日本では「文章にする」ことはフォーマルさやや儀礼的なことも重視されてきたが、それよりも「きちんと相手に伝わる」という本質的な部分が重要となる。

では、話すことはどうであろうか?リモートワークでは、もちろん相手の顔を見て話すこともできる。ただ、どんなにデジタル空間がリアルに近づこうとも、実際に対面しているのと全く同じ感覚を得るのはなかなか難しい。複数の人との場合は、さらに実際の状況と乖離してくる。

しかしながら、例えばオンライン会議では各参加者が自分の意図を効率的に伝えることができれば、リアルよりも良いものになるかもしれない。余計なことを話さず必要なことを整理して伝える技術を磨けば、実際の会議よりも短時間で効率的になるだろう。参加者の言葉の裏の意図を読み取っていたとか、目的以外の会話を含んでいたような会議にとっては、よい改善機会になるではないか。今後は、通常の会議はリモートによって効率的に行い、深い議論が必要なものや親睦などはリアルで行うという形で、ハイブリットなコミュニケーションになっていくであろう。

コロナの感染状況が収まれば、会社に行くのは会食など懇親の場合の方が多くなる可能性もある。そのような状況は、リモートワークが増えてもコミュニティへの帰属意識や孤独の問題への解決につながるかもしれない。これから先、これまであまり注意を向けてこなかった「意図の伝え方」について考え直すいい機会となるだろう。

[日経産業新聞2021年10月6日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン