/

ホムラ、1億円を調達 小売店とメーカーの取引活性化へ

小売店とメーカー間の取引サイトを運営するhomula(ホムラ、東京・千代田)は、第三者割当増資で1億円を資金調達した。ニッセイ・キャピタルとHIRAC FUND(ヒラクファンド)が引き受けた。資金は人材採用やサイト開発に充て、双方の取引を活性化させていく。

ホムラは小売店とブランドの取引サイトを運営する

ホムラのサービスは、リスクを抑えながらオンライン上で取引できるのが特徴だ。小売業者が新商品をメーカーから仕入れた後、在庫の一部が返品可能なほか、一定の与信枠を設けており、仕入れから60日後の後払いにも対応する。

出店などの固定費は無料で、取引が生じた際にホムラがメーカー側から手数料を徴収する。新型コロナウイルス禍で商談に制限がかかるなか、双方の全国での新規取引の開拓を後押しする。オンライン上で取引を完結できる利便性を売りに、資金調達や仕入れを少人数で担っている小規模事業者の利用を見込む。

調達資金でエンジニアや営業人材のほか、ホムラの財務運営に関わる最高財務責任者(CFO)を採用していく考えだ。福地峻・最高経営責任者(CEO)は「将来的には、取引データを活用した事業展開を目指していきたい」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン