/

この記事は会員限定です

08年度以来の宇宙飛行士試験、どう選ぶ? もう45%落選

[有料会員限定]

2009年に3人選んで以来となる日本人宇宙飛行士の選抜試験が本格化する。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5月8日から英語などの「0次試験」を実施する。その前の書類選考の段階で、すでに応募者の45%にあたる1861人が落選した。「日本人の月面着陸1号」になり得る人材を選ぶ険しいレースが幕を開ける。

「頭の中が真っ白になった」。試験の落選が決まった都内に住むある男性は悔しさをにじませる。JAXAは4月22日に書類選抜の結果を発表した。応募者4127人のうち、第1関門を通過したのは2266人にとどまった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1503文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン