/

この記事は会員限定です

国産材、戸建てメーカーが共同購入 安定調達目指す

「中抜き」、需給バランス急変に懸念の声

[有料会員限定]

住宅向け木材の流通に変化が起きている。オープンハウスなど複数の関東の戸建て分譲会社が、国産材を製材会社から直接共同で購入する仕組みを作った。商社や問屋を経由していた従来の流通とは一線を画し、出回りが少ない国産材の安定調達につなげる。

同社と三栄建築設計ケイアイスター不動産の3社は4月13日、日本木造分譲住宅協会(東京・新宿)を設立した。国産材の利用を増やすため、協会を通し製材会社から国産材の直接購入を進める。安定調達に加え、ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン