/

この記事は会員限定です

エムスリーが年初来安値 主力事業の売上伸び鈍化を嫌気

銘柄診断

[有料会員限定]

28日の東京株式市場でエムスリー株が年初来安値を更新した。一時、前日終値に比べ677円(9%)安の6568円をつけた。前日の取引終了後に発表した2021年4~9月期の連結決算(国際会計基準)で、製薬マーケティングを支援する主力事業の成長が鈍化したことが嫌気された。

4~9月期の連結純利益は前年同期の2・8倍の407億円と過去最高を更新。自治体や職域向けに手掛けた新型コロナウイルスのワクチン接種支援事業などが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り356文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン