/

日立建機の純利益35倍、欧米の住宅需要増 4~6月期

日立建機が28日発表した2021年4~6月期連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期の35倍の71億円だった。主要国での住宅建設やインフラ投資で建機の販売が回復した。為替相場の円安基調も収益を押し上げた。

売上高に当たる売上収益は34%増の2281億円、調整後営業利益は4倍の118億円だった。塩嶋慶一郎・最高財務責任者(CFO)は決算説明会で「想定以上に市況の回復が早く、実績は会社計画を上回った」と語った。ただ新型コロナウイルスの影響は残り、売上収益や利益はコロナ前の19年4~6月期の水準には届かなかった。

地域別の売上高は住宅需要を追い風に北米が5割増、欧州が2.3倍となった。資源価格の上昇を背景にロシア・独立国家共同体(CIS)も大幅増収だ。一方、建機が供給過剰となっている中国は30%の減収。新型コロナの変異種が猛威を振るったインドも販売が想定を下回った。

円安は売上収益を145億円、調整後営業利益を42億円押し上げ、経費の増加分を吸収した。

22年3月期見通し(純利益で3.1倍の323億円)は従来予想を据え置いた。塩嶋CFOは「新型コロナや鋼材の価格上昇などの不確定要素を考慮した」と説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン