/

この記事は会員限定です

住友商事、バングラデシュの石炭火力拡張に参画せず

[有料会員限定]

住友商事は28日、バングラデシュの「マタバリ石炭火力発電所」の拡張案件に参画しない方針を示した。2021年5月に発表した気候変動問題に対する方針を再度見直し、脱炭素への対応を強化する。35年までに石炭火力事業からの二酸化炭素(CO2)排出量を19年比で6割以上削減するなど、数値目標は据え置いた。

マタバリ石炭火力では既に住友商事が建設請負工事業者として参画しているマタバリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り185文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

SDGs

SDGsは「Sustainable Development Goals」の頭文字をとった略語で、国連サミットで2015年9月、全会一致で採択された世界共通の行動目標。国や民間企業の取り組みに関する記事をお読みいただけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン