/

この記事は会員限定です

企業189社連合、「カーボンプライシング議論加速を」

[有料会員限定]

気候変動対策に積極的な企業189社で構成する日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)は28日、炭素税や排出量取引など二酸化炭素(CO2)排出に価格をつけるカーボンプライシング(CP)について、議論を加速するように求める意見書を発表した。炭素税については年内に制度の骨格を明らかにするように求めた。意見書は経済産業省や環境省などに提出した。

CPは欧州で先行して導入されている。日本政府は温暖化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り521文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン