/

CCC系とトレジャーデータ、顧客データ分析で提携

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下のCCCマーケティング(東京・渋谷)とトレジャーデータ(東京・千代田)はBtoC企業向けの顧客データ分析で提携すると発表した。CCCマーケティングが持つT会員約7000万人分の購買データと、トレジャーデータが持つ個社ごとの顧客情報を組み合わせた情報プラットフォームを提供する。

トレジャーデータはウェブやアプリ上での顧客の行動や、顧客へのアンケート結果など、企業内の様々な部門やシステムにバラバラに存在しているデータを収集・管理するサービスを手掛ける。単体では意味をなさないデータを集めて統合することで、顧客ごとの属性や行動を分析し広告やメール配信などのマーケティングに生かせる。

性別や年齢、家族の有無、職業、趣味といった個人の属性と購買情報も分析できるようにし、企業が効率的に広告を打てるようにする。サービスは8月から提供を始め、1年間で30社の導入を見込む。

個人情報保護の観点から、ウェブサイトの閲覧履歴などを示す「クッキー情報」の活用が制限されるようになっている。トレジャーデータはT会員の購買データの活用を通じて、クッキーに頼らないサービスの開発を強化したい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン