/

この記事は会員限定です

園長先生は元証券マン 後継者に名乗り、保育園に新風

大廃業時代を乗り切る(1)

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

「小学校の受験前にこれだけはしてもらおう」。3日、河本和真は経営する認可外保育園「駒沢の森こども園」で保育士と議論していた。

32歳の河本が「園長」になったのは2020年春。運営会社の経営者が体調不良で後継者を探していると知人から聞いた。一度は河本が紹介した人物が引き継いだが、少子化に加え、保育士確保に費用もかかる保育園の経営を軌道に乗せるのは激務で、2~3カ月で体調を崩してしまった。

「紹介した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1464文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン