/

この記事は会員限定です

コロナ禍で越境ワーク、思わぬ課税も 源泉徴収漏れなど

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で働き方が多様になった結果、企業に想定外の課税リスクが生まれるケースが出ている。特に国境を越えてのリモートワークなどは、日本と海外のどちらの税務当局からも注視される可能性がある。専門家は「事前に国内外の課税ルールを確かめ、給与の支払い方法などグローバルでの対応方針を決めておく必要がある」と指摘する。

出向先から一時帰国→日本での源泉徴収漏れリスク

「コロナ禍で海外から従業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン