/

この記事は会員限定です

メールなりすまし攻撃 日本企業の約8割が対策不備

日本プルーフポイントが調査 欧米企業に比べ対策遅れ

[有料会員限定]

電子商取引(EC)サイトや銀行などの金融機関を語る「なりすまし型」の偽メール対策が、日本企業の8割近くで実施されていないことが明らかになった。偽メールは米アマゾン・ドット・コムや楽天グループなどになりすまし、クレジットカードなどの情報を奪う詐欺だ。欧米企業では7~8割が対策済みだが日本企業の遅れが目立つ。

サイバーセキュリティー大手の日本プルーフポイント(東京・港)が日経平均採用銘柄225社を対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン