/

富士通、イスラエルの配車スタートアップと資本業務提携

富士通は配車マッチングプラットフォームを手掛けるイスラエルのスタートアップ、Autofleet(オートフリート)と資本業務提携した。子会社の富士通ベンチャーズが運用するファンドを通じて出資した。出資額は非公開としている。

オートフリートは人工知能(AI)による予測、最適化技術を用いて車両を高精度に配車するプラットフォームを持つ。業務提携では富士通のシステム開発力や物流分野での知見を合わせたサービスを開発する。物流業界の人手不足や環境破壊といった課題解決を目指す。

具体的には、配達先が近い近距離配送での需給状況に即応する配車などを想定する。脱炭素への関心が高まり物流業界でも電気自動車(EV)の導入が進んでいることを背景に、EVの充電を考慮したルートの最適化にも取り組む計画だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン