/

この記事は会員限定です

東電会長に三菱ケミカル小林喜光氏、正式発表

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス(HD)は28日、空席となっていた会長に三菱ケミカルホールディングス会長の小林喜光氏が就任すると発表した。小林氏は取締役会議長を兼務する。東電は柏崎刈羽原子力発電所(新潟県)で不祥事が相次ぎ発生しており、経済同友会の前代表幹事を務めた実績がある小林氏を招いてガバナンスを強化する。

6月に開かれる予定の株主総会を経て就任する。東電で2020年6月から取締役会議長を務める槍田松瑩氏は退任する。東電の会長は日立製作所出身の川村隆氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン