/

この記事は会員限定です

銭湯500円、娯楽化で勝負 燃料高直撃で2年連続値上げ

[有料会員限定]

東京都内の公衆浴場(銭湯)の入浴料が7月、燃料費の高騰などを受けて20円引き上げられた。大人料金は2年連続の引き上げで500円になった。客離れを防ごうとこだわりのサービスで独自色を打ち出す施設が目立つ。新型コロナウイルス禍の前には、値上げにもかかわらず利用者数の減少に歯止めがかかる兆しも見えていた。入浴文化の火をともし続ける努力が、人気の復活を支えている。

「原価計算すると、本来なら大人料金は8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1807文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

暮らしの身近にある品物、様々なサービスの値段に着目。家計の目線でビジネスや消費の変化に迫ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン