/

ソニーG、最高益1兆1717億円 ゲームや音楽好調

21年3月期

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

ソニーグループが28日発表した2021年3月期の連結決算(米国会計基準)は、最終的なもうけを示す純利益が前の期比2倍の1兆1717億円だった。初めて1兆円の大台を突破し、2年ぶりに過去最高を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う巣ごもり需要で、ゲームや音楽などエンタメ事業がけん引した。半導体事業の落ち込みを補い、全体の利益を押し上げた。2000億円を上限とする自社株買いも決めた。

法人税減税など一時的な押し上げ要因も純利益の拡大に寄与した。金融を除く国内事業会社で純利益が1兆円を記録したのは、トヨタ自動車ソフトバンクグループなどに続き5社目だ。

ソニーの売上高は9%増の8兆9993億円だった。ゲーム、音楽、映画を含むエンタメ事業の売上高は13%増の4兆3549億円と、全体の5割を占めた。定額で対戦やソフトで遊べる「プレイステーション(PS)プラス」会員が増えた。ソニーグループが権利をもつ楽曲のストリーミング再生など、リカーリング(継続課金型)収入も好調で、半導体不足が懸念された「PS5」の販売台数は780万台と、目標を上回った。

エンタメ事業が好調だった一方で、半導体の画像センサーは米中貿易摩擦の影響で主要顧客だった華為技術(ファーウェイ)への供給が一時止まり苦戦。小米(シャオミ)やOPPO(オッポ)など他の中国メーカー向けでは補えきれず、半導体部門の売上高は5%減の1兆124億円となった。

さらに最大2000億円、発行済み株式数(自己株式を除く)の2.02%にあたる2500万株を上限とする自社株買いをすると発表した。期間は21年4月30日から22年4月28日まで。

同日、22年3月期の連結業績予想も発表した。今期から国際会計基準に移行し、売上高は9兆7000億円、営業利益は9300億円、純利益は6600億円を予想する。法人税減額など特殊要因がなくなる。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン