/

この記事は会員限定です

日本板硝子、FRP向けガラス繊維に再参入

[有料会員限定]

日本板硝子は繊維強化プラスチック(FRP)向けのガラス繊維事業に再参入する。強度や軽さの両立が求められる電子機器や再生可能エネルギー関連の部材などで今後需要が高まると判断した。一般的な製品よりも衝撃性への耐性が2割高い製品を開発した。2022年後半にも発売し、25年に新製品で30億円の売り上げをめざす。

日本板硝子の新しいガラス繊維は原材料の配合の工夫で衝撃性を高め、軽量化が求められる電子機器部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン