/

この記事は会員限定です

大人の階段上るD2Cブランド マスか個性かで岐路

[有料会員限定]
NIKKEI MJ

消費者とブランドが電子商取引(EC)などで直接つながるD2C(ダイレクト・ツー・コンシューマー)。独自の世界観や製品でマス(大衆)ブランドと一線を画すことで熱烈なファンを獲得してきたが、事業規模が拡大するなかで課題も見えてきた。規模を拡大すれば、自らがマスブランドとなり、ファン離れも起こしかねない。岐路に立つD2Cの未来を探る。

D2Cの代表ブランド、マス化でユーザー増やす

近未来を思わせる店内に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

日経MJをPC・スマホで! まずは1カ月無料体験

消費と流通の未来を先取りする、最先端の情報を発信。「日経MJビューアー」ならスマホ・タブレット・PCで読めます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン