/

ソニーG吉田社長「ホンダとのEV、安全に万全期す」

(更新)

ソニーグループは28日午前、東京都港区で定時株主総会を開いた。吉田憲一郎会長兼社長はホンダと組んで参入する電気自動車(EV)について、「2025年のEV発売に向けて万全を期したい」と述べた。

ある株主は「モビリティーはモバイルゲームとは違い、安全性が重要。参入する以上は覚悟が必要だ」とし、「リコールレベルの訴訟になったらソニーとホンダのどちらが表に出て責任を負うのか」と尋ねた。吉田氏は「EVの発売主体はホンダとの共同出資会社。1次的には同社が責任を負う」としつつ「安全面で十分な対策をとらないといけない」と応じた。

ソニーは創業以来「人の命に関わる製品は扱わない」との不文律があったが、近年は医療事業やEVにも進出するなど変化している。吉田氏は「ソニーは医療機器を扱っており(オリンパスと共同開発する)内視鏡や、細胞解析装置も含まれる。医療でも安全には万全を期している」と述べた。

ソニーは成長領域としてモビリティーを掲げる。ホンダと22年内に共同出資会社「ソニー・ホンダモビリティ」を設立する。25年をメドに同社からEVや関連するサービスを提供する予定だ。ただ世界的なEVシフトの中でも安全性への懸念はなお残る。EV世界最大手の米テスラでも21年末から米中で大規模なリコール(回収・無償修理)が起きている。

22年の定時株主総会の所要時間は55分で21年(51分)より4分延びた。会場で出席した株主数は213人で21年(163人)より50人増えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン