/

この記事は会員限定です

武田と京大など、iPS細胞実用化で新会社 開発を迅速化

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

武田薬品工業と京都大学は10日、iPS細胞を使った治療法を開発する新会社を設立したと発表した。両者の研究成果の一部を移転し、専門技術者を集めて実用化に向けた開発も迅速化する。心不全の治療法開発などを目指す。iPS細胞を使う治療法は既存の薬では難しい根本治療につながる可能性がある一方、商業化には安全性の確保などがハードルとなる。

新会社オリヅルセラピューティクス(京都市)は武田と、ノーベル賞を受賞した山中伸弥氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1839文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン