/

武田、英スタートアップを買収 次世代がん治療薬を強化

武田薬品工業は28日、英国で新薬開発を手掛けるスタートアップを買収すると発表した。買収額は非開示。免疫細胞を使って白血病などを治療する次世代技術を取得する。武田はがん領域を重点分野と位置づけており、従来の治療法とは異なる新技術を取り込んで新薬開発につなげる。

買収するのはガンマデルタ・セラピューティクス(英ロンドン)。人間の体内の免疫細胞の一種「ガンマデルタT細胞」を使ってがんを治療する技術を持つ。従来の治療法に比べて効果が高いとされており、急性骨髄性白血病を対象に初期の臨床試験(治験)を始めている。

武田は2017年にガンマデルタ社と提携を発表。契約一時金や開発段階に応じて最大1億㌦(約110億円)を支払う契約を結んでいた。買収は22年6月末までに完了する見込み。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン