/

この記事は会員限定です

薬の配送、ドローンが活躍 「全遠隔医療」普及を後押し

[有料会員限定]

離島や山間地などの医師が不足する地域で、ドローンでの薬配送や専用車両に備えつけのビデオ会議システムでの問診、服薬指導など、病院が企業などと組んで医療行為を全遠隔で提供する試みが増えている。患者は家にいながら必要な時に診療を受けられ、通院や薬局に行く手間や費用も削減できる。広がる医療格差解消につながる可能性がある。

「これまで本島まで船に乗って薬を取りに行かなければならなかったのが、相当楽になる」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2051文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン