/

この記事は会員限定です

「再生エネ、ENEOSとアジア開拓」 仏トタル部門CEO

30年までに再生エネ10倍以上に増強

[有料会員限定]

仏石油大手トタルエナジーズが脱化石燃料への構造転換を急ぐ。2030年までに再生可能エネルギーの発電容量を1億キロワットと今の10倍以上に増やす。アジアの法人向け太陽光発電部門の最高経営責任者(CEO)、ギャビン・アッダ氏は「目標の半分はアジアが占める」と表明。ENEOSとともにアジア市場開拓を進める考えを示した。

日本経済新聞の取材で明らかにした。トタルは4月、再生エネ事業でENEOSと合弁会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1121文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン