/

この記事は会員限定です

新発想「自走式ロープウエー」 次の都市交通担えるか

[有料会員限定]
日経クロストレンド

深刻な渋滞や、それに起因する環境問題など、人口集中が進む都市が抱える課題の解決策として、電動垂直離着陸機(eVTOL)のような「空飛ぶクルマ」が脚光を浴びている。しかし、空飛ぶクルマが技術的な問題をクリアして実用化されたとしても、すぐさま人口密集エリアの上空で縦横無尽に飛び交う姿は想像しにくい。海上を通るルートで離島や対岸を結ぶといった活用が現実的で、しばらくは都市交通に与えるインパクトはそう大き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4105文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン