/

この記事は会員限定です

三井物産、米国の賃貸住宅を売却 180億円で

[有料会員限定]

三井物産は28日、米国で開発した大型賃貸住宅を現地の不動産会社に売却したと発表した。売却額は1億5600万ドル(約180億円)。2022年3月期に固定資産売却益を計上する。業績予想には、既におおむね織り込み済みという。

売却したのは、米ロサンゼルス近郊にある大型物件。20年10月に完成した。子会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り141文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン