/

NIKKEI Prime創刊、登録受け付け中 23年2月末まで無料

(更新)

日本経済新聞社は日経BPと協力して朝夕刊や電子版ではお伝えしきれない情報やサービスを提供する「NIKKEI Prime(日経プライム)」を11月24日にスタートしました。有料会員登録を受け付けております。「NIKKEI Mobility」「NIKKEI GX | Green Transformation」「NIKKEI Tech Foresight」の3メディアが申し込み対象となります。

NIKKEI Prime3メディアの料金はそれぞれ月額3800円(税込み)、日経ID決済で日経本紙や電子版をご購読の方はセットで各月1850円(同)です。

創刊を記念し、2023年2月末まで料金が無料になるキャンペーンを実施しております。無料期間中に解約しても解約金はかかりません。ぜひお試しください。

NIKKEI Primeは法人での導入も可能です。利用人数分のライセンスをご契約いただくことで、信頼性と独自性の高いNIKKEI Primeのコンテンツを組織内で自由に活用できるようになります。

少人数やチームでのご利用から、部門や全社での導入まで、利用形態に応じて最適なプランをご提案します。トライアルやユーザー管理ツールの提供、請求書払い等の法人決済にも対応しています。

お申し込み、お問い合わせはこちらの総合登録サイトから(https://www.nikkei.com/promotion/service/prime/)

NIKKEIPrime会員登録はこちら

ビジネスの新たな情報ツール

興味のある分野の情報を効率よく知りたい、深掘りされた解説を読みたい――そんなニーズにNIKKEI Primeはお応えします。

有料登録された方はパソコン、タブレット、スマートフォンのブラウザー(閲覧ソフト)、日経電子版アプリで閲覧できます。アプリをご利用の場合、最新バージョンにアップデートしてください。

毎朝お届けするメールからも最新のコンテンツにアクセスできます。読者が効率的に情報を得られるようにします。

GX500、データとビジュアルで新たな洞察を

NIKKEI GXは企業の脱炭素の取り組みを総点検する「GX 500」をまとめました。総合ランキングのほか、評価に使った「温暖化ガス削減に向けた中期目標」「省エネルギーや再生可能エネルギー」といった5つの分野別のランキングもまとめ、GX(グリーントランスフォーメーション)時代の優良企業を探ります。NIKKEI Primeの他の媒体でもデータなどを使ったコンテンツを充実していきます。

〈脱炭素経営ランキング「GX500」は下のバナーからご覧いただけます(NIKKEI GX有料会員限定で公開中)〉

音声読み上げ機能も

11月24日の創刊に合わせ、記事の音声読み上げ機能を搭載します。ブラウザーを使ってサイトを開くと、記事を音声で聴くことができます。

最新の人工知能(AI)テクノロジーを活用し、記事のタイトルおよび本文を音声に自動変換。ワンタッチで音声を再生します。1つの記事の再生が完了すると、自動的に次の記事の再生が始まります。「ながら時間」で最新情報を得ることもできます。

サイトのトップページや個別記事にある音声読み上げボタンを押すことで、パソコンでは別ウインドー、スマホでは新規タブで音声再生プレーヤーが立ち上がり、すぐに再生がスタートする仕組みとなっています。

NIKKEI Mobility
NIKKEI GX
NIKKEI Tech Foresight

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン