/

この記事は会員限定です

ホンダ、小型ロケット参入 30年までに試験機打ち上げ

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ホンダは30日、人工衛星を宇宙に運ぶ小型ロケット事業に参入すると発表した。2030年までに試験機を打ち上げる。機体を発射基地に戻して再利用し最大50億円程度かかる打ち上げコストを大幅に抑える。ロケットには米テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏が率いるスタートアップなどの参入が相次ぐ。宇宙を次の成長市場と位置づける民間の競争が加速してきた。

重量が1トン以下の衛星を搭載できる小型ロケットを開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1127文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン