/

この記事は会員限定です

運用益で世界水準の大学育成 「10兆円ファンド」始動

[有料会員限定]

日本の研究力低下が止まらない状況を改善しようと、政府による10兆円規模の大学ファンド(基金)が本格的に動き出す。「科学技術立国の推進」を掲げ、国内大学の研究力を世界レベルに高める切り札と位置づける。ただ対象は数校に限られ、世界のトップ大学に迫るのは簡単ではない。有効な活用法を模索する必要がある。

大学ファンドは10兆円規模の資金を運用し、その運用益に基づいて、研究力で世界と渡り合える可能性を持つ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン