/

この記事は会員限定です

オルガノイド、人工ミニ臓器で病状再現 創薬を加速

Techワード

[有料会員限定]

創薬には病気の症状を実験で再現して薬成分の候補を探すことが欠かせない。臓器や組織を部分的に再現できる「オルガノイド」は、有望な候補を素早く見つけ出し創薬を加速するのに役立つ。新型コロナウイルスをオルガノイドに感染させ、発症の仕組みを解き明かす研究も進んでいる。

オルガノイドは臓器などを構成する細胞を立体的に培養したもので「ミニ臓器」とも呼ばれる。平面的に培養するよりも臓器などの機能を再現しやすい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン