/

この記事は会員限定です

英国型変異、細胞と結合強く スパコン「富岳」で計算

[有料会員限定]

理化学研究所や立教大学などの研究チームは28日、スーパーコンピューター「富岳」を使ったシミュレーション(模擬実験)で、新型コロナの変異ウイルスが人の細胞と結合する強さが、変異前より強まったことを明らかにした。英国型では細胞近くでの結合が最大5%強くなっていた。そのまま感染力の強さにつながるわけではないが、変異ウイルスの感染力の解明に役立つ可能性がある。

変異ウイルスは英国型、南アフリカ型、ブラジル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン