/

マイナンバー電子証明書、郵便局で発行 宮崎県都城市

日本郵便は28日、郵便局でマイナンバーカードの電子証明書の発行・更新などの事務を受託すると発表した。宮崎県都城市の「イオンモール都城駅前内郵便局」で、5月10日からサービスを提供する。ほかに複数の自治体と話し合いを進めている。

今回の受託は、2021年に郵便局事務取扱法が改正され、郵便局の取扱事務に「電子証明書の発行・更新等に係る事務」が追加されたことを受けてできるようになった。自治体窓口以外では初めての対応という。

電子証明書はマイナンバーカードのICチップに搭載され、「本人」であることを示す。住所や氏名、生年月日などが記録され、電子申請の際の本人確認に用いる。住民票の写しや印鑑証明などをコンビニで取得する際に使う。発行から5回目の誕生日が有効期限で、発行後も更新が必要となる。

日本郵便は証明書の交付など自治体業務の受託を進めている。日本郵便の広報は「郵便局ネットワークをいかして、地域と利用客の役に立つサービスを提供していきたい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン