/

この記事は会員限定です

藻類で培養肉を安く 組織工学を転用、細胞活用

Next Tech2050

[有料会員限定]

藻類を栄養に使い、動物細胞から培養肉を作る――。東京女子医科大学の清水達也教授らは低コストで無駄の少ない培養肉を生産する研究に取り組む。光エネルギーで増えるクロレラなどの藻類を活用し、培養過程で出る廃液も再利用する循環型の細胞培養システムの構築を目指す。2050年には地球に優しい持続的な食料生産を実現し、食料不足の解決に導く考えだ。宇宙で肉を培養する日が来るかもしれない。

家畜の飼育には大量のエサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン