/

この記事は会員限定です

中央電力、マンションに無償で蓄電池 非常時の電源用に

[有料会員限定]

マンション向け電力販売の中央電力(東京・千代田)は2022年中に、既存顧客であるマンションに蓄電池を無償で置いて住民向けの非常用電源とする実証実験を始める。平時にマンションに供給する電気の調達量を調整し、投資回収する。無償での蓄電池の設置は珍しいという。まずは3~5棟に導入して採算が取れるか確かめ、5年後までに500棟への導入を目指す。

電気室や駐車場に容量50~100キロワット時の蓄電池を置く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン