/

この記事は会員限定です

ヘリオス社長、「治せない」限界に奮起 眼科薬で起業

リーダーの肖像

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

創薬スタートアップ企業のヘリオスがiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った再生医療の実用化に挑んでいる。社長の鍵本忠尚(44)は九州大学病院の眼科医から経営者に転身し、眼科手術の補助剤を欧州で実用化するなど実績を積んだ。社長として迎えられたヘリオス創業から10年の節目を迎え、再生医療の実現に向けて研究開発を前進させている。

失明救えぬ苦い経験

父も医師である家庭で生まれ育った鍵本は、福岡県の進学校、久留米大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン