/

この記事は会員限定です

東京製鉄、電炉で節電支援 逼迫時に電力使用を一時停止

原発1基の出力20%分、全域停電防止の一助に

[有料会員限定]

東京製鉄は大量の電気を消費する電炉の稼働を工夫し、機動的に節電する取り組みを2023年春にも始める。1時間あたり最大10分程度、電気の使用が必要ない時間帯を利用し、電力会社の需給調整を支援する。実証実験では、原子力発電所1基分の出力の5分の1にあたる電気を需給調整に活用する。深刻な電力不足にそなえる。

電力不足は今後も続く見通し。地震や落雷などで発電所が急停止した場合、電炉の新たな運転手法はブラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

電力不足

電力需給の逼迫で夏と冬の電力不足が懸念されています。最新ニュースや解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン