/

この記事は会員限定です

東京野菜でクラフトチップス まずポテチ、地産地消PR

清瀬のジャガイモ・伊豆大島の塩、加工は東久留米で

[有料会員限定]

原料の生産から加工、販売までを東京で手がけるポテトチップスが登場した。地酒やクラフトビールのような土地に根付いた商品として、地産地消や環境配慮などのテーマに関心の高い消費者に売り込む。今後ほかの野菜を使ったチップスの開発も検討し、東京づくしの商品として定着させるとともに東京野菜のアピールにつなげていく。

商品名は「東京クラフトポテチ」。都内の生産者の青果物の流通を促す活動に取り組む東京野菜普及協会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン