/

日産「ノート」、電動車の国内販売首位 1~6月

日産自動車は27日、小型車「ノート」の1~6月の国内新車販売台数が5万6942台で、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)など電動車の中で首位だったと発表した。2020年12月に8年ぶりに全面改良したのが好評で、トヨタ自動車の「カローラ」や「ヤリス」の電動車の販売台数を超えた。

日本自動車販売協会連合会(自販連)の発表を基に日産が調べた。ノートは同社の国内販売の2割を占める主力車種。全面改良でHV専用車とし、独自のHV技術「eパワー」の新世代を搭載。21年には上級版として「ノート オーラ」も発売した。

日産は新型EV「アリア」や、6月に軽自動車の新型EV「サクラ」を発売するなど積極的にEVを展開している。26年度までに国内の新車販売に占める電動車の比率を55%まで引き上げる計画。

ビジネスセクション

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン