/

この記事は会員限定です

サッポロビール、会計処理を電子化 年1900時間削減

[有料会員限定]

サッポロビールは2022年1月から社内のほぼすべての会計処理を電子化する。同月に施工される改正電子帳簿保存法では、企業が電子データで受け取った領収書や請求書などの書類を電子データで保存することを求めている。法施行を機にシステムを刷新し会計伝票のペーパーレス化を進め、年1900時間の作業時間の削減を見込む。

同社ではこれまで精算などの会計伝票の電子化を進めてきた。今回の取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン