/

この記事は会員限定です

「光の輪は見えず」、ブラックホール初撮影に異論発表

[有料会員限定]

日米欧などの国際共同研究チームが2019年に発表した初めてのブラックホールの撮影画像について、国立天文台などの研究者が異議を唱える発表を30日にした。公開されているデータを独自解析すると、ブラックホールの周囲にみえる光の輪が確認できなかったという。ただ複数の研究チームが追試をして光の輪を確認したという発表をしており、今回の指摘で大きく評価が変わるわけではなさそうだ。

ブラックホールを初めて撮影し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン