/

この記事は会員限定です

臨都心・近郊外の中野、3000億円再開発が握るコロナ後

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染拡大に伴う業績悪化や働き方の見直しで東京都心のオフィスの空室が増え始めた。一方、近郊の主要駅周辺のオフィス市況は堅調だ。その一例が中野だ。コロナ禍でオフィス賃料は都心で下がっているが、中野区は緩やかに上がっている。このエリアで判明分だけでも3千億円超を投じる再開発が動き出す。新しい就労・生活様式は「臨都心・近郊外」の不動産市況を勢いづかせる可能性がある。

国内外の名だたるミュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン