/

この記事は会員限定です

東急リバブル、投資用不動産の自動提案サービス

物件資料、10分で作成

[有料会員限定]

東急リバブルはマンションなど投資用の不動産物件情報を自動で顧客に提案するサービスを始めた。従来は営業担当者が数日かけてまとめていた資料を10分ほどで作成。顧客の求める物件情報を素早く提供することで成約が増え、営業現場の業務効率化にもつながると見込む。

「プロパティスタ」という新サービスは、投資用物件の購入を検討している顧客から専用サイトに問い合わせが入ると、その地域の特性や再開発の状況といった情報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り247文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン