/

この記事は会員限定です

飲食業7割で後継不在、「味」「常連」守るプランを

事業承継・日本の食をつなぐ① かえでFA・マネジャー 岡村新太氏

[有料会員限定]

経済産業省がまとめた調査によると、「飲食店・飲食サービス業」は全国に約50万事業所(2016年時点)がありました。小規模が多く、深刻なのは担い手の不足です。帝国データバンクの21年の調査では、飲食店の後継者不在率は全体より7.2ポイント高い68.7%でした。新型コロナウイルス禍で外食産業は大きく変わり、事業承継には早めの準備が必要です。

譲渡先は主に「従業員」「他社などの第三者」「親族」が選択肢...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り882文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

中小企業が事業承継を行う上で、どのような計画が必要でしょうか。 後継者探し、相続税や贈与税といった税金など、課題は少なくありません。 このコラムでは、実例や当時の経営者の考え方を踏まえながら、事業承継で失敗しないための対策について考えていきます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン