/

この記事は会員限定です

カナダ産製材品2年ぶり下落 ウッドショック緩和の兆しも

米市場急落で 国内は高値圏、なお住宅コスト圧力

[有料会員限定]

住宅の壁や床に使うカナダ産木材の対日価格が2年ぶりに下落に転じた。製材品の10~12月期価格は7~9月期に比べ2割安い水準となった。世界的な木材高騰「ウッドショック」を引き起こした米国で相場が急落したことが大きい。国内でもウッドショックに緩和の兆しが出つつあるが、依然高値圏のため住宅業界のコスト負担は当面重い。

ツーバイフォー(2×4)住宅に使う指標のカナダ西部内陸産SPF(トウヒ・マツ・モミ類)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン