/

この記事は会員限定です

インボイス制度で契約打ち切り? 懸念募らす個人業者

[有料会員限定]

消費税額を正確に捉える「インボイス(税額票)」制度を巡り、個人事業主から懸念が強まっている。消費税の免除対象となることを選んだ場合、取引先企業から値下げ要求や契約の打ち切りなどを迫られる可能性が見込まれるためだ。企業側も無理な要求は独占禁止法に抵触する恐れがあり丁寧な対応が必要となる。

2023年10月に始まる同制度は、消費税額を正確に把握するため事業者間の取引で売り手側が買い手側に消費税額など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン